群馬フードサービスとタイヨーレンの歴史

あとがき「学校給食と製パン業の展望」


 給食の献立表に記された、
パンの種類に胸を躍らせた日々が有った。
 クリームのたくさん入ったコッペパンに、アーモンドプードルの揚げパン。
 牛乳やシチューと一緒に食べながら、クラスの仲間と笑い話をしながら、スピーカーから流れる音楽に耳を傾ける。

 そんな当たり前の教室の風景に一筋の風が舞い降りて、友人たちとの談笑や交流は病への
感染が危惧される不用意な行動へと移り変わり、学校給食そのものを楽しめるモノではなくなってしまった。


 給食のみならず、トングを握りしめ、どれを買おうか悩みながらトレイに乗せていた店頭のパンは、完全な個包装が推奨されるように変化を遂げる。
 新商品を伝える試食は危険な物になり、店員との接触は無機質なビニール越しでの対応。

 頬にはマスク、指先は除菌スプレーで彩られ。人との会話は電話越しやインターネットを通した交流が求められる。

 たったの約3か月で、日本人の食生活と環境はかつてない大きな変化を強いられた。

 悲観する者、政府に対して異を唱える者。様々な暗いニュースが世の中を覆いつくし、世界中に不況の波が広がっていく。
 こんな時に何が出来るのか、何をすればいいのかと思い当たり、出てきた答えは「地元のパンを守ろう」という、インディーズゲームサークルとしては、かなり道を外れた結果だった。

    (公式インスタグラムより)

 自粛の影響で図書館に行く事も出来ず、資料らしいものも足りない状況下での本書の製作。ただ、自分が好きだったパンの味を守りたい。
 それだけで公開した歴史のため、ご覧頂いて過分に疑問に思われた方にはただ申し訳ない。
 しかし、もし可能であれば、何かの支援になりたいと思って頂けたならば、どうか「群馬フードサービス」さんという会社が有って、かつての松浦パンを引き継いでいる事を覚えて頂ければと思う。

 そして願わくば、群馬県内に「トリアノン」の味と給食パンが広がっていき、ローカルパンとして終息後の次代へと繋がって行けたらと願いたい。
 そして、群馬フードサービスさんを始めとする、給食事業者の今後の継続と事態の収束を期待して。
 2020年6月11日 irupa-na Label

参考文献/引用元
 日本の食文化史 /著 石毛直道
 歴史・文化別冊歴史読本 幕末維新動乱の群像
 小麦粉博物誌 / 日清製粉株式会社
 図解 日本陸軍歩兵 /著 中西立太

 フランスパン基礎
 『自家製酵母パン』のレシピ/著 佐原文枝
 なつかしの給食 / アスペクト編集部
 フィールドワーク 群馬の戦争遺跡

 高崎市観光案内ブックス
 まんが高崎の歴史 /著 井上大助
 パンの明治100年史 
参考サイト/引用元
 群馬県公式サイト
 高崎市公式サイト
 高崎商工会議所公式サイト
 高崎前橋経済新聞
 上毛新聞web版
 政治経済・時事・倒産情報のJCNET
「バンズパンちゃんを見つけだせ!」公式サイト
 日本工業経済新聞Web版
 不景気.com

本文関連サイト
 群馬フードサービス公式サイト
 トリアノン通信販売
 高崎市のパン屋「日英堂」
 (株)このえパン
 新田製パン有限会社

協力/多謝
 (株)群馬フードサービス
   群馬フードサービス公式Twitter担当者様
(株)松村乳業


back

Copyright © Irupa-na Label All rights reserved.