前橋駅の「エキータの年表」-



〇1986年
 前橋駅が高架化事業によって取り壊され南口を新設。
 洋風木造の駅舎が大変美しく、観光名所として全国でも有数の名駅所だったため、市民の猛反対を押し切っての建設となった。

 高速道路が前橋ICまで整備された事や駅前の工事の影響もあり
 長崎屋・丸井・前三百貨店が一斉に閉店。
 これを重く見た前橋市中心商店街連盟は「Qのまち前橋」を結成し、駐車サービスなどを行う。

  〇1987年
 中心市街地に西友別館のWALKオープン

 前橋駅北口に
イトーヨーカ堂前橋店オープン

 市街地から一キロ以上離れた、しかも駅前という立地条件の良さに中心市街地商店街は商工会議所や市役所に猛抗議をした
が、前橋市はこれを無視。
 怒り狂った商店街の人々は店舗を更地にし次々と郊外へ転居し、商店街は次々と空き店舗が目立つようになった。


○2002年


 前橋駅前天然温泉ゆーゆーオープン
 前橋市の衰退を嘆いた市民が私財をなげうって、駅から徒歩3分の場所に温泉を発掘。現在も愛されている天然温泉

○2003年
 西友LIVIN閉店

○2004年
 前市長の高木氏の登場
 自動車メーカーのダイハツ本社と工場が、前橋駅より撤退

 平成の大合併により、大胡・宮城・粕川が前橋市と合併


○2006年
 ベイシア本社が前橋へ移転
 WALK館閉店
 テアトル前橋西友閉店
 ニチイ前橋店が閉店し、群馬大学附属病院の近隣に前橋サティとしてオープン

 
前橋市から映画館が一切消滅する(全国の県都で唯一)

 中心市街地から、前橋スズランデパート以外の百貨店は消滅した
 ロッテリアが前橋市から撤退


○2007年


 
けやきウォーク前橋オープン
 前橋プラザ元気21オープン
 前橋駅に「E'site前橋」オープン
 けやきウォークの開店により前橋市に映画館が復活、オープン時の来場者は約十万人

○2008年
 ヤマダ電機本社が、高崎駅前に移転
 全国都市緑化フェア開催



 イーサイト前橋オープン
○2009年
 赤城山を有する富士見村が前橋市と合併
 赤城高原豚をアピールするために「
糸の町前橋から豚の町前橋」へと、地域活性計画が始まる。
 駅のバリアフリー対応に伴い、前橋駅北口の大規模改修工事開始



 工事の区画整理により、駅前の吉野家・マツキヨ等の店舗撤退
 前橋駅前の三年間に渡る工事により、イトーヨーカ堂は苦戦を強いられ撤退を決意
 空き店舗に前橋スズランの新館が1F部分に出店、地下にフレッセイ出店計画開始。
 継続テナントも決まり、スズランとフレッセイによる前橋発祥企業の総合デパート計画が開始。

○2010年
 前橋サティ閉店
 ベイシア前橋南パワーモールオープン

 豚の町のアピールイベントとして、T1グランプリ初開催



 
イトーヨーカ堂前橋店撤退

 スズラン 11月出店へ
 http://www.jomo-news.co.jp/

 跡地は、フレッセイとスズランによる共同利用が決定。
 配置図面が決まり、資材の搬入と店員の雇用と求人も実施。
 スズランはテナントの割り振りなども始め、フレッセイは既に面接まで行っていた。
 旧ヨーカドー前橋店、後継店白紙に
   http://www.raijin.com/news/

 しかし、地主の中の曽我製粉社長の反発により白紙撤回となり、スズラン側は法的措置も検討。
 既に新規採用済みのフレッセイは、他店舗へと人員転換させられる。
 ヤフーニュースなどにも取り上げられ、その動向が注目されたが結局どうにもならず、イトーヨーカ堂跡地は2年間に渡って前橋市廃墟のシンボルとして君臨し、



 前橋の恥とまで呼ばれた北口前のロータリー工事は、2013年まで約三年間続いた。


○2011年


 群馬ディスティネーションキャンペーン開催
 100年に一度の記念行事のため、県内各所で観光推進キャンペーンが行われた。
 
高崎駅は3億円かけてSLC6120を復活させ同時発車実施。
 乗車券が予約しても買えない、記念Suicaが20万で取引など計り知れない経済効果をもたらした。

 

 
前橋駅は10億円かけて相変わらず工事を行っていた為、人を避けるようにフェンスを設けた。

 株式会社やまきがイトーヨーカ堂跡地の再興に乗り出し、前橋グランドステーション計画を発起。
 新テナントの名称を一般公募で決める事に。

 前橋リリカが旧サティー跡にオープン


○2012年
 無所属の山本氏が、現前橋市長選挙に当選



 前橋エキータオープン

 前橋市の税金三億円をかけ、地下の食の駅とセーブオン以外ほぼ
テナントは皆無
 二階は封鎖状態で、シャッターは閉まったままだった。
 オープン記念は、豪華自転車が当たる千円福袋を実施。


 イーサイト前橋から早くもドコモショップが移転
 空きテナントは前橋の情報発信施設に



 エキータから早くもテナントが複数撤退
 わずか半年で、地下のブースは椅子を並べた休憩室に生まれ変わる

○2013年


 屋上ビアガーデンオープン
 まねきねこ「前橋エキータ店」オープン

 地下「食の駅完全封鎖」となり、1階へ移転後に閉店
 エキータはオープンからわずか一年で金融融資9千万円を申し出た

○2014年

 曽我製粉はエキータのビルを大阪の不動産会社に売却
 9千万円を投じて二期オープンで作られたレストランはわずか一年で撤退
 エキータの駐車場が、一日上限500円→700円に値上げ
 購入金額に関わらず2時間無料は継続。
 
○2015年

 エキータのホームページが消滅、ビアガーデンも開催未定に
 好評だったラーメン屋瓦礫までもが撤退

 果たして三周年は、あ、あるのか・・・?

○2017年

 同年12月29日「D'station前橋エキータ店」オープン
 駐車場2時間無料サービス撤廃、上限金額廃止。
 
一時間500円の超高級駐車場が始動する
 
○2018年

 同年03月11日「D'station前橋エキータ店」閉店
 ごはんカフェMomentのみ継続営業



 セーブオン全店舗閉店のため、エキータ店はローソンに転換

 前橋市長でさえ「市では対応しない」と見放される中、コシダカホールディングスがエキータを前所有者より取得
 超高額駐車場は現在も継続だが、店舗利用で無料になる場合も


 但し、隣にある同立地の駐車場の相場が「一時間100円」のため、さすがに停めたくないと嫌煙されている。
 
○2019年

 同年11月23日「ごはんカフェMoment前橋エキータ店」閉店
 まねきねことローソン、居酒屋わんが継続営業
 
○2020年
   
 ボッタクリと名高かった駐車場料金が、上限600円へと大幅に変更。
 一時間辺りも200円と、大幅に引き下げられる。

同年3月25日
 
 エキータを取得した、コシダカホールディングスが再開発計画を発表。

前橋駅前「エキータ」から「アクエル」へ コシダカHDが改称

 ついに、この負の歴史も完結編となるのか??

 〇豆知識



 前市長の負の遺産にして前橋市最大の汚点エキータ。
 だ、だ、誰か救ってあげて下さいwwwww



back

Copyright © Irupa-na Label All rights reserved.